お酒バカ店長の部屋|日本酒の種類

あなた好みのお酒がきっと見つかる!!

お酒バカ店長の部屋 日本酒の種類

総数2件 1

日本酒(清酒)の要件を満たしたもののうち、原料や製法が一定の基準を満たすものを特定名称酒といい、それ以外を普通酒といいます。一般に流通している大部分の日本酒は普通酒(いわゆる大衆酒)で値段も一番安い部類になります。

特定名称酒は、製法(精米歩合など)により、吟醸酒、純米酒、本醸造酒とに分類されます。

  アルコール添加無(純米) アルコール添加有
精米歩合:50%以下 純米大吟醸酒 大吟醸酒
精米歩合:60%以下 純米吟醸酒 吟醸酒
  特別純米酒 特別本醸造酒
(精米歩合:60%以下)
  純米酒 本醸造酒
(精米歩合:70%以下)

お米と米こうじだけ(アルコール添加無)で造られたお酒が純米酒
醸造アルコールを添加して造られたお酒が醸造酒となります。

吟醸酒とは、吟味して醸造されたお酒で、伝統的に、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ醸造されています。

※特定名称酒の区分は、決して味の優劣を付けたものではなく、あくまで区分しているだけです。
  お酒の味は、使用するお米や水、造り手の技術など様々な要因で変わってきます。

生酒(なまざけ)とは、製造からお店に並ぶまで一切加熱処理(火入れ)を行ってない日本酒のことで、杜氏蔵人言葉では「生生」(なまなま)、「本生」(ほんなま)などと言います。

火入れを一切行わない生酒は日本酒が生きた状態で、とてもデリケートです。
光と温度差を嫌うため輸送・保管などが難しく、市場にはあまり流通していません。
そのため、別称「酒蔵でしか飲めぬ味」と言われています。

生酒はこちら


※火入れ
火入れは酵母・酵素を失活させたり、殺菌することで日本酒の腐敗を防ぐため熱を加えることです。日本酒を造る工程では、通常1〜2回の加熱処理(火入れ)という作業を施します。 安定した製品造りには欠かすことのできない作業ですが、味や香りは変わってしまいます。

総数2件 1

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。当店は未成年者に酒類の販売はいたしません。※注文者情報入力画面で必ず生年月日を入力した上でご購入ください。

お酒バカの日本酒専門店

サイト運営会社 久寿徳 松田酒店

TEL:0595-63-0544 FAX:0595-63-9111

営業時間 9:00〜20:00 定休日:水曜

お酒のことならお気軽にお問い合わせください!!

PAGE TOP